3章2 システム動作要件

P5は次の各プラットフォームおよびオペレーティングシステムに対応しています。

P5 Server / P5サーバー (P5 バージョン5.6の場合)

  • Mac OS X: Intel 10.8以降〜10.13

  • Windows: Server 2008R2, Server 2012, Windows 7, Windows 8, 8.1, 10
    ※BackUp2Goサーバには対応しておりません。
    ※LTFSエクスチェンジにはまだ対応しておりません。

  • Linux: カーネル2.6.32以降 (x86) 64ビット版
    ※btrfs上でBackUp2Goを使用するには、 btrfs 0.19以降が必要です。
    ※zfs上でBackUp2Goを使用するには、zfs 0.7以降が必要です。

  • Sun Solaris: Sparc Solaris 2.8以降, x86 Solaris 2.10以降
    ※CLOUDには対応しておりません。
    ※バージョン5.5でメンテナンス期間に入り、以降バージョンは更新されません。

  • FreeBSD 10.1~10.3, 11 各64ビット版
    ※CLOUDサポートはバージョン11のみで対応
    ※バージョン5.5でメンテナンス期間に入り、以降バージョンは更新されません。

※SolarisおよびLinux環境下ではUnicode UTF-8言語パッケージが必要です。

 

対応ファイルサーバー製品

P5 は次のファイルサーバー製品に対応しています。

  • Helios EtherShare および PCShare 3.1以降
  • Xinet Fullpress 14.0以降
  • Netatalk 2.0以降
  • Windows Services for Macintosh

 

P5対応ウェブブラウザ

  • Apple Safari 5.1以降
  • Mozilla FireFox 3.5以降
  • Microsoft Internet Explorer 10以降
  • Google Chrome 4以降

 

P5対応仮想化ソフトウェア

  • Parallels
  • VMWare (x86)
  • Linux-Xen
  • Hyper-V

 

対応CLOUD

  • Amazon S3
  • Amazon Glacier
  • Backblaze B2
  • Generic S3
  • Microsoft Azure