technical specifications

スケールアウトストレージ「SCALA」 (スケーラ)は、最小で3ノードと専用のネットワークスイッチ、メタデータコントローラで構成され、容量ニーズの増加にあわせて、運用を停止することなくストレージノード「iNode」を追加し、容量と転送パフォーマンスが向上します。

Scala Storageは、2000年代にHPC向けに開発されていたクラスタリング技術をストレージに応用して開発されたスケールアウトストレージソリューションです。それまで高額なデータストレージが必要だった、金融、資源開発、学術研究、インターネットサービス、メディア・エンターテイメント分野のデータストレージを多数置き換える実績を得ています。


● マルチストリーム

HD、4K、8K、HDR、とハイビットレート化を続けるリッチメディアコンテンツ製作分野には、主にシーケンシャルアクセスパフォーマンスが求められます。さらに高度なコンポジティング、フィニッシング、グレーディング用途には、シーケンシャルアクセス速度に加えてランダムアクセスのパフォーマンス、さらにはネットワーク制作に欠かせない複数のシステムからの複数のファイルへの同時アクセスが求められます。複数ファイルへのアクセスに強い分散ファイルシステムと、転送パフォーマンスの確保に有利な分散アグリゲーションファイルシステム「SCALAfs」は、容量・転送速度、同時アクセススループットのニーズに、ノードを増やすことで柔軟に対応することができます。

● コンテンツ製作管理システムとの親和性


●すばやい導入と簡単な管理

完全ターンキーソリューションとして設定・試験後に出荷されます。設定や監視などの管理はGUIを通じて集中的に行なえるので、ペタバイト単位の容量も簡単にウェブGUIから管理・監視できます。


​● 数百ペタバイトにもスケールアウト可能

スケールアウトストレージのメリットを活かし、データ容量の増加に応じて、単一ボリュームで最大300ペタバイトまで運用を停止することなくオンラインで容量を増やせます。


​● ノードを追加するごとに高速化

SCALAはノードを追加することで容量だけでなく転送速度も高速化されます。最小構成の3ノードでは1.5GB/sのスループット。ノードを増加することで、最大でノードごとに2GB毎秒の転送速度の増加が可能。
たとえば、7ノードで構成された合計1ペタバイトのクラスタでは、12〜15GB(ギガバイト)毎秒のスループットを確保できます。


●データ集約型メタデータクラスタリング技術

ストレージシステム内のファイル数に応じて、メタデータサーバーは最大で128式まで増設可能です。
ディレクトリツリー構造やファイル作成日時、オーナーID、アクセス権限設定といったファイルシステム内のメタデータを管理します。
またMDSはグローバルネームスペースを管理し、アプリケーションサーバーとストレージサーバー間のファイルアクセスを仲介します。


    
● 完全冗長化構成

SCALAはデータの複製をノードにまたがって保存します。障害を自動的に検知する機能を備え、ディスク障害だけでなく、サーバー障害、さらにはネットワーク障害に対する高度な可用性維持が可能です。

● ゼロダウンタイムで容量拡張・高速化


 

 


● グローバルネームスペース

ノード追加で容量を追加しても、同一のフォルダでアクセスが可能です。共有ストレージの領域は同じドライブ名や階層構造のままで容量だけが増加するので、容量の拡張にともなうデータ移行作業が発生しません。

features01


● データ容量の追加とともに、転送速度性能を増強

ノードを追加してデータストレージ容量を増やすごとに、ストレージシステム全体の転送速度性能が向上します。

f02


●  運用を停止することなくシステムを拡張

SCALAはゼロダウンタイムで運用中の既存のデータストレージの容量と転送速度を追加・増強できます。ストレージノードを追加するときでも、SCALAストレージはデータ使用を自動バランス化し、運用への支障をきたすことなくシステムの拡張が行えます。

f03


● 高速、高性能、高度な並列処理、膨大なファイル数に対応

SCALAストレージ独自のファイルシステム「SCALAfs」は、数百万規模を越えるファイル数への同時並列アクセスに最適化された高性能なファイルシステムです。ファイル数の増加にも、メタデータコントローラの追加で冗長化と高速アクセス化が可能です。

f04


● クラス最大級の容量効率 80%

数あるスケールアウトストレージ製品のなかでも最大級の容量効率を誇ります。完全冗長化された構成でも、総容量のうち最大80%の容量が利用できます。もちろんストレージノードごと1台故障しても、ダウンタイムの発生はありません。


● シンプルな管理 シンプルなGUIで集中管理

容量、転送速度、メタデータ、ノード、そしてクライアントの状態を単一のウェブブラウザベースの操作画面で一括集中管理します。ペタバイトクラスの容量構成でも、テラバイト単位の構成でも、簡単に管理が行え、管理負担を大幅に低減することができます。

SCALA GUI

scala 320

bee2017
2017年国際放送機器展(InterBEE 2017)
ホール8出展小間番号8209
ご来場ありがとうございました。